2008-02-14から1日間の記事一覧

“向きなおる”…腰痛編

昨日、藤沢周平さんの時代小説、『静かな木』という短編を読みました。主人公の元勘定方勤め、現在は隠居の身である布施孫左衛門が、息子の果し合いを機に再び城勤め時代の因縁(=自分の過去)と向き合わざるをえなくなるという話です。息子を助けるため、過去…